記事一覧

入手方法ごとの違い

作業員

まずはレンタルがおすすめ

土質改良機は重機の中でも使われる頻度が少な目の重機です。なぜかというと、使われる場面が浚渫工事や高速道路の建設時など限られているということと、土質改良機を使わずとも工事が成り立つことが理由です。ですが、コスト削減と環境問題への有効な対策になることから、導入が促進されています。土質改良機の導入を考える際、選択肢はいくつかあります。新品での購入、中古での購入、レンタルの三つです。それぞれメリットデメリットがあります。新品で購入するのは、長く使うことが前提ならば意味のある選択肢です。新品なので最も状態がよく、確実に長く使えます。メンテナンスをきちんとすれば故障などのリスクも少ないでしょう。ただ、土質改良機は常に在庫があるタイプの重機ではないため、納車まで数ヶ月かかることもありえます。また、初期費用は最も高額となります。中古は初期費用の安さとある程度長く使うことができるという点が魅力です。在庫があればすぐに納車してもらえるのも魅力です。ただ状態は個別差が大きいためしっかり確認する必要があることが注意点です。メンテナンスの手間もかなりかかるおそれがあります。レンタルはひとまず使い勝手をみたいという場合におすすめの方法です。長く使うと費用はかさみますが、試しに使ってみたいというくらいならば最もおすすめです。レンタル会社はノウハウを持っていることも多いので、選ぶときのよき相談相手にもなってくれるでしょう。