記事一覧

重機

原料土の事前処理

土質改良機の性能を十分に発揮させるためには、原料土の状態を十分に把握して、必要な場合には事前処理を行う必要があります。瓦礫が混じる可能性が大きい場合には、篩機などで大きな瓦礫は取り除きましょう。また流動性の高い軟弱土壌は、脱水や乾燥によって水分量を低下させる工夫をすると土質改良がスムーズに行えます。

詳しく見る

重機

自走式ならではの利点

自走式土質改良機は作業現場近くまで運び込めるので、土砂の運搬に伴う燃料費の削減及び、二酸化炭素の排出量削減にも寄与します。また建設発生土の改良によって建設用土の採取量を抑え、他の土地への環境負荷を低減させることにも効果があります。

詳しく見る

工事現場

リサイクル機器のひとつ

土質改良機は土の質を改良する機械で、リサイクル機器の一種です。マイナーな重機のため、新品中古ともに在庫がない可能性もあります。試しに使ってみたい場合はレンタルがおすすめです。どれがいいかわからないときもレンタル会社に聞くとよいでしょう。

詳しく見る

重機

基礎的な知識

土質改良機は湾岸工事や高速道路の建設工事などで使われる、土の質をよくする機械です。使われる頻度は低めですが今後はニーズが高まると予想されています。水分が多い土か、土の塊が多い土かで選ぶべきメーカーは変わってきます。こまめなメンテナンスも重要となる機械です。

詳しく見る

作業員

入手方法ごとの違い

土質改良機の導入を考えている際、選択肢は新品で購入、中古で購入、レンタルの三つがあります。それぞれ初期費用、メンテナンスの重要度、コスト回収リスクなどでメリットデメリットがありますが、試しに使いたい場合はレンタルがおすすめです。

詳しく見る

レンタル重機のメリット

作業員

土木重機はレンタルが良い

土木作業には様々な重機が必要となります。河川工事や橋梁工事、崖崩れ復旧工事などの際に発生した残土を改良して再び土木現場で再利用するために土質改良機が使われます。土質改良機には自走式の重機があります。固定式プラントまで土砂を移動して改良するのにはパワーショベルやダンプカーが必要となり、コストと時間が掛かります。自走式土質改良機であれば、現場での作業が短時間で行え、効率の良い作業が可能となります。自走式土質改良機は重機メーカーにより生産されていますが、受注販売となり注文から納車までは数か月かかります。大きさが馬力等によっても異なりますが、新車導入すれば4000万円以上の費用が掛かります。中古車両になると1000万円〜2000万円で流通していますが、耐久性への懸念があります。重機は中古車と異なり、年式以外に評価のポイントが少なく、現場作業で使用する重機の場合、キズや塗装の剥がれなどは当たり前です。維持費は新車も中古も変わらず、駐車スペースも必要となります。レンタルであれば期間のみの使用となるため、負担が少ないです。ただし、工事期間と他のコストとのバランスを考えて見積もりを取り計画を立てることが重要となります。レンタル費用も業者によって大きく異なり、長期間の使用となると中古機材を購入するコストとそれほど変わらなくなることもあります。自走式土質改良機レンタリース会社はそれほどありません。価格の比較が難しいため、受注金額からコストを計算して慎重に計画を立てましょう。